預金保険制度

預金保険制度

コザ信用金庫は預金保険制度の加盟金融機関です。
お客さまの預金は、預金保険制度で保護されています。

預金保険制度とは?

預金保険制度とは、金融機関が預金等の払戻しができなくなった場合などに、預けた預金を一定の金額まで保護する仕組みです。預金保険は、預金保険制度に加入している金融機関に預金等をすると自動的に成立します。

預金保険制度に加入している金融機関

対象金融機関は次の通りです。は、日本国内に本店のある銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、信金中央金庫、全国信用協同組合連合会、労働金庫連合会、商工組合中央金庫、ゆうちょ銀行です。

 
信用金庫 銀行(日本国内に本店のあるもの)
信用組合 労働金庫
信金中央金庫 全国信用協同組合連合
労働金庫連合会  
  • 国内銀行の海外支店や外国銀行の在日支店は対象になりません。
  • 農協や漁協、水産加工協等は別途、農水産業協同組合貯金保険制度に加入しています。

預金保護の対象となっている預金等の範囲

預金保険制度には、保護対象となる商品が決まっています。全ての金融商品が保護されるわけではありません。預金保険の対象商品と保護の範囲は次の通りです。

預金等の種類 保護される預金等の額
預金保険による保護の対象となる預金等 決済用預金 当座預金、無利息型普通預金等 全額保護
一般預金等 有利息型普通預金、定期預金、通知預金、貯蓄預金、納税準備預金、定期積金、掛金、元本補てん契約のある金銭信託等 合算して元本1,000万円までと破綻日までの利息等を保護
1,000万円を超える部分は、破綻金融機関の財産の状況に応じて支払われます(一部カットされることがあります)
預金保険の対象外の預金等 外貨預金、譲渡性預金等 保護対象外
破綻金融機関の財産の状況に応じて支払われます(一部カットされることがあります)

預金者の皆さまへご預金を保護するためのお願い

預金保険法に基づき、金融機関は、預金者の皆様の届出情報(氏名・生年月日・住所[法人の場合は名称・設立年月日・所在地]・電話番号等)を整備する必要がございます。 このため、引越しや結婚等により氏名(名称)・住所(所在地)・電話番号に変更が生じた場合、速やかに変更のお手続きをお願いいたします。

より詳しい預金保険制度の内容についてはこちらをご覧ください。

ネットバンキング
  • 個人のお客さま
  • 法人のお客さま
24時間ネット受付
  • ローン仮審査申込み