コザしん地域振興基金

助成先及び実施事業

平成30年度の助成金贈呈・対象者

助成金贈呈・対象者
これからも地域の活動を応援します。一般財団法人コザしん地域振興基金

助成実績

  
募集事業年度
(助成金交付年度)
助成先
(件数)
助成額合計
(円)
備考
平成30年度
(平成31年度)
15件 4,797,000円  
平成29年度
(平成30年度)
11件 2,734,000円  
平成28年度
(平成29年度)
6件 1,765,000円  
平成27年度
(平成28年度)
10件 2,940,000円  
平成26年度
(平成27年度)
11件 2,596,000円  
平成25年度
(平成26年度)
4件 1,660,000円  
平成24年度
(平成25年度)
10件 2,530,000円  
平成23年度
(平成24年度)
6件 2,056,000円  

※年度の表示は募集年度であり、()内の年度は助成金交付年度です。

平成30年度一般財団法人コザしん地域振興基金の助成先と事業

助成先団体等 助成事業
古謝獅子舞保存会
会長 知念 正友
事業名:歴史ある集落の伝統文化の承継発展と地域の活性化を目的とする事業
伝統芸能の継承と発展は、神獅子の演舞により一翼を担っている。獅子舞の承継に併せて青少年の健全育成と地域の活性化に期待出来る。神獅子の新調に伴う収納箱作成費用資金として助成する。(地域の活性化に関する活動事業に環境の整備に関する事業)
海邦町自主防災組織
会長 加賀美 英志
事業名:沖縄市海邦町自主防災組織地域防災力強化事業
防災時の弱者に対する近隣住民の支援をバックアップするための必要な防災備品を購入し地域防災力を強化し、住民の福祉と安寧に寄与することを目的としている。災害時要配慮者を円滑に避難させる備品等の購入資金の一部を助成する。(地域の社会福祉に関する活動事業)
ももやま通りグリーンクラブ道路愛護会
代表者 長嶺 喜久子
事業名:第8回ももやま通り音楽祭
近隣の地域住民が音楽を演奏し鑑賞することによって親睦を深め、明るい住みよい地域づくりを目指すと共に安全・安心な活力ある街づくりに貢献する。音楽文化の普及発展と、生涯にわったて音楽を愛好する情操豊かな仲間づくりを目指す。開催の一部費用および印刷製本費用として助成する。(地域の活性化、児童又は青少年の健全な育成に関する事業)
少年 翼
代表者 仲里 広也
事業名:コンテナ(道具保管庫)購入目的事業
児童又は青少年の健全な育成に関する事業に該当する。台風24・25号の影響のため、倉庫が破損したため倉庫(コンテナ)購入資金として助成する。(児童又は青少年の健全な育成に関する事業)
小禄地域振興会
会長 新垣 吉浩
事業名:神社コン(婚活推進事業) 
婚活事業を行い既婚率を高める事により少子化対策に貢献し、生涯独身者を少なくする事により老人の孤独死を防ぐため神社コンを開催、チラシ、看板および横断幕等の作成費用に助成する。(地域活性化に関する事業)
「Teno-hira」実行委員会
代表 松村 葉子
事業名:「Teno-hira」第一号発刊事業
子どもの貧困や福祉、社会問題をテーマとした当時者でない方も興味を持って読める内容で、これまでにない情報誌を製作費用の一部として助成する。(障がい者福祉に関する事業)
仲順壮年会
会長 金城 高治
事業名:第5回「仲順流り」大会
「仲順流り」は、各地のエイサーにも取り入れられ、歌い継がれている。その発祥の地である私たちが誇りを持ち、後世に継承していく取り組みの一環として大会を行う。「第5回仲順流り」大会資金のチラシ・ポスター等の印刷費用として助成する。(地域の活性化に関する事業)
東江桜花スゥーブ実行委員会
会長 津波 一夫
事業名:東江さくらスゥーブ(勝負)
昭和39年若者11名が東江レンガ森の景観を美しく残そうとの思いから桜の栽培を行った。現在では、成人会・青年会としての活動も行っており、東江地域の家庭で大切に育てられている桜を育成推進し、桜スゥーブを通して東江の発展、郷土の美化を図っており、今回、記念植樹や苗木配布購入資金として助成する。(地域の活性化に関する事業)
民謡バンド石敢當
代表者 城間 安秀
事業名:高齢者・障がい者の皆様を元気にする事業
各自治会・福祉施設などの依頼により、敬老会、夏祭り、新年会など幅広く民謡コンサートの慰問活動を行っております。今回、長年使用しているスピーカーに不具合がでてきており、スピーカーと大太鼓購入資金として助成する。(社会福祉に関する事業)
一般社団法人ステージサポート沖縄
代表理事 大野 順美
事業名:北の魂、南の魂~神楽と組~事業
2019年は組踊が初演からちょうど300年を迎えることから、今回は、岩手県花巻市の「山伏神楽」と沖縄の「組踊」を上演し、南北それぞれの地域の伝統芸能の独自性・魅力を紹介する舞台上演のためチラシ等の印刷および会場使用料など公演費用の一部を助成する。(地域の社会文化および活性化に関する事業)
特定非営利活動法人エンカレッジ
理事長 坂 晴紀
事業名:沖縄子ども文化祭事業
沖縄県の子共の貧困率が深刻な社会問題の中、平成20年から子供の居場所・学習支援を行っている。目的は負の連鎖を解消して社会に貢献できる人材を育むことである。「子供たちの夢や希望を持つことが何よりも大切である」ということで「沖縄子ども文化祭」を開催し、夢と希望を持つ社会づくりを目的としている事から印刷製本費用として助成する。(地域の児童・青少年の健全育成を図る事業)
特定非営利活動法人バリアフリーネットワーク会議
理事長 親川 修
事業名:ソーイングで障がい者と地域をつなぐコミニュティづくり
沖縄市の銀天街は、かつては被服店や刺繍店が多く活気もあったが現在は空き店舗の増加、住民の高齢化が目立っており、今回、洋服やズボンの裾直しおよびオリジナルTシャツを作成し就労継続支援事業所として、障がい者の就労を積極的に支援するための刺繍ミシン購入費用として助成する。(障がい者福祉に関する事業)
一般社団法人クィーンズリコスポーツクラブ
代表理事 長浜 永
事業名:北部女子サッカー育成
北部地域の女子サッカー強化と普及およびサッカーを通して人とのふれあい出会いを大切に文武両道と食育と健全な発達と、発展に貢献することを目的として活動を行っています。ライセンス指導者による学習サポートや大学生・高校生によるボランティアを活用し練習を行っており、プロジェクターとミニゴール購入費用の一部を助成する。(地域の児童・青少年の健全育成を図る事業)
沖縄市商店街を元気にする会
会長 伊良皆 善子
事業名:沖縄市中心市街地商店街活性化事業
沖縄市の中心市街地の商店街、通り会等の創造的意欲を結集し、連帯感を高めるとともに、経済性、生産性の向上と地域商店街等に対する愛着心の高揚を図りもって活性化に寄与する。今回の申請は、「第5回わんこそば全日本大会沖縄コザ場所」の開催に必要な経費の一部として申請。(地域の活性化に関する活動事業)
石平家人衆会
会長 楚南 兼二
事業名:石平家人衆会桜小路まつり
普天間川の景観美化、河川の浄化、みどりの愛護活動に、地域全体で取組み、平成17年度に日本宝くじ会より320本の桜の助成を受けて、植樹、育樹活動に取り組んでいる。管理道路「桜小路」命名。石平地区から普天間川流域へ桜小路を発信し、癒しと空間づくり、環境教育の場、世界文化遺産「中城城跡」と連動し、中部の桜の名所としての観光に役立てる。今回、第5回桜小路まつりの開催にあたり設置費用と一部として助成する。(地域の活性化に関する活動事業)

ご相談・お問い合わせ

店舗でのご相談
お近くの店舗を探す
インターネットでのご相談

お問い合わせフォームにてご質問をお受付しております。

お問い合わせフォーム
お電話でのご相談
098-933-1137
ネットバンキング
  • 個人のお客さま
  • 法人のお客さま
24時間ネット受付
  • ローン仮審査申込み